>業界最安値!1万円スタンド花<

上手な注文方法

上手なオーダー方法

スタンド花を贈る場合には、自分の好みだけではなく、相手の好みも取り入れる事が大切です。

その他にも贈り先の雰囲気や置き場所など、十分に考えた上で贈るようにしましょう。
花は種類によって匂いや花粉、花びらの散り方などが異なるため、それらを踏まえたうえで相手に似合う花を選ぶことが重要です。

 

もし贈り先に花を置くスペースが無いのであれば、ボリュームを最小限に抑えたアレンジフラワーを選んだり、とても狭いという場合はサイズが小さいプリザーブドフラワーにするのも良いと思います。

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊技術で加工したお花になります。「枯れないお花」とも言われ、鑑賞期間が数年という長い間楽しめるお花です。
金額もやや高額なため、スタンド花と同じ値段であれば、それなりのお祝い花として認知されています。

せっかくお祝いとしてスタンド花を贈っても、相手に迷惑に思われてしまっては意味がありません。
相手の事情等も考えてから発注するようにしましょう。

その他にも、スタンド花の予算やボリュームを考える事も大切です。
花屋の制作担当の方が、制作する際に持つイメージも重要になるので、こだわりがある場合は店員さんと相談するのも良いと思います。
ただ、予算によっては要望が受け入れてもらいえない場合もあります。
予算が少なくても、オーダーメイドで要望が出せるお店を探してみるのも良いかと思います。

フラワーショップ選びによっては、スタンド花のイメージが変わってくることがありますので、オーダーする花屋は慎重に選ぶことが大切です。
ただ注意する点としては、お店へ要望を出す場合に色々と細かく希望を伝え過ぎてしまうと、ボリュームが出せなくなったり、最悪の場合は指定の花を入れ込むことが出来ず、断られてしまう事もあります。

花材や色などの細かな要望をする際には、おおまかなイメージを伝える程度に抑えることをおすすめします。

もし、種類や色を指定したスタンド花が無理だとわかった場合には、スタンドの台(ベース)部分にこだわった「おしゃれスタンド」と言われるタイプもおすすめです。

花は普通の種類で作られていてもスタンド台がおしゃれなので見た目が個性的な仕上がりに見えます。

-上手な注文方法
-,